動物愛護法違反容疑で老舗販売業社ら逮捕/台東区

都知事の許可なく店舗でヒメハブを飼育したとして、動物愛護法違反で台東区蔵前のヘビ類販売加工業「蛇善」社長、浅見隆行容疑者(50)ら男3人を逮捕しました。浅見容疑者はテレビにも出演した事のある、有名なハブとり名人です。
「加工のために殺すので許可はいらないと思った」と容疑を否認していますが、他2人は容疑を認めています。動物愛護法違反は懲役2年以下、または200万円以下の罰金、またはその両方が課せられる事もあります。

ニュースの動画

関連記事

東京のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Tokyoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です